甘口漫画レビュー&ランキング

漫画のレビューや企画的なランキング・まとめ

いぬまるだしっ…甘口漫画レビュー

『いぬまるだしっ』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年に連載されていたギャグ漫画です

 

作者の大石浩二は『メゾン・ド・ペンギン』で連載デビュー以降、ギャグ作家として定評があり、現在も『トマトイプーのリコピン』というギャグ漫画をジャンプにて連載中です

 

長期連載となった『いぬまるだしっ』以降、連載までしばらく期間は空いたものの、『いぬまるだしっ』で根強い人気を得たためギャグ漫画が好きな読者からの復活を望む声は耐えなかった……と思います

 

『トマトイプーのリコピン』に関してもレビューないしランキング等の作成を行う予定ではありますが、先立って完結済みの『いぬまるだしっ』を手がけることにしました

 

 

いぬまるだしっ

幼稚園を舞台としたギャグ漫画で、主人公のいぬまるはいつもちんこ丸出しで頑としてパンツをはかない問題児。赴任してきた担任「たまこ先生」がいぬまるを始めとしたクセのある園児や同僚たちに振り回され……つつ、的確にツッコミまくります

レビューをした推しギャグ漫画『斉木楠雄のΨ難』の面白いところはセリフ回しの秀逸さなのですが、この漫画にも同様の面白さがあります。というか、作者の大石浩二がこういった現代的なギャグ漫画のスタイルを切り開いていったように思います

『斉木楠雄のΨ難』ほど終始クールなツッコミではなく、たまこ先生は勢いがあるものから表情だけで切り替えしたりと、なんでも屋です。ギャグ漫画のツッコミ能力の高さ議論では必ず挙がってくる優勝候補です

 

自分でギャグ漫画の視界を明るくしておいて、後進の若手に少し遅れをとってしまっているようで『トマトイプーのリコピン』は心配になっています…。面白いんですけど、『いぬまるだしっ』と読み味が同じなんですよね。型はいいので長期連載になってくれればと願っていますが、今は連載陣がまた安定し始めていますから…

ともかく、『いぬまるだしっ』は終わり方は打ち切りかもしれませんが、しっかり出し切り11巻まで続いた良作です

 

 

各話ベストツッコミ

ツッコミが特に面白い『いぬまるだしっ』の、各話ベストツッコミを決めていきます

たまこ先生以外にもスズメちゃんやケンタくんなど、ツッコミ上手が多々いますが、エースのたまこ先生のツッコミに限定します

 

あらすじ紹介などなしで、淡々と進めるため、読んだことがある人向けの記事になるかもしれません

おまけとして各巻のおまけページのキャラクタプロフィールも紹介しますので、読んだことがない人も興味を持ってもらえたらと思います

 

いぬまるだしっ【1巻各話ベストツッコミ】

いぬまるだしっ【1巻キャラクターファイル】

 

【漫画全巻セット】【中古】いぬまるだしっ <1~11巻完結> 大石浩二【あす楽対応】

価格:6,150円
(2018/3/2 19:44時点)

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link