甘口漫画レビュー&ランキング

漫画のレビューや企画的なランキング・まとめ

『進撃の巨人』アルミン・アルレルトの魅力まとめ

time 2018/04/26

『進撃の巨人』アルミン・アルレルトの魅力まとめ

進撃の巨人の中で最も好きなキャラが「アルミン・アルレルト」である人たちの意見をまとめました

ネタバレを含みますので、ご注意下さい

 

ヴァイスシュヴァルツ 進撃の巨人 Vol.2 “命果てるまで” アルミン ( R ) AOT/S50-007 | ヴァイス シュヴァルツ カード アルミン・アルレルト 黄 キャラクター

 

つい追いたくなる多面性

女の子の様な容姿に、体力がなく頭脳派という男性キャラクターです

頭が良いからこそ過去にいじめられていたのですが、その中でも強い意志としっかりとした考え方でいじめっ子達を怯ませる描写があります

初めは自分に自信がなく、主人公のエレンやミカサと肩を並べて歩ける人間ではないと考えていますが、その優秀な頭脳から2人を助けてきた事を知らされ、自信をつけます

アルミンほど成長したキャラクターはいないと思います

何せ、いじめられっ子から無くてはならない戦略担当に進化したのです

物語の鍵になる活躍も多く、雌型の巨人の正体に気がつき、捕まえたのもアルミンの作戦のお陰でした

中でも胸を熱くするシーンは、彼が丸焼けになるシーンです

超大型巨人を捉えるために、超大型巨人の熱風に耐え、エレンに攻撃の隙を与えるシーンですが、死を前にしても勇敢に戦う姿や覚悟、姿勢は容姿の可愛らしさとは裏腹に男らしく、人としての生き様も見せつけられました

その後、超大型巨人になる事で命が救われましたが、その後の葛藤も彼らしいです

本当にあの時死ぬ覚悟があったのか!と感動しました

そして、何よりも好きな点は、いつでも海を見たいという夢を持ち続けていることです。人間の生きる意味を見失わない強さが彼の魅力です

時折見せる腹黒さも物語にアクセントを加えてくれますね

色々な顔を見せてくれるので、ついつい彼を追ってしまいます

今後の活躍の期待も込めて応援したいキャラクターです

 

 

陰湿で姑息なゲス顔…のときもある

金髪碧眼、女の子みたいな可愛らしい顔立ちに小柄な体格(それでもリヴァイよりは3センチ高い)で、ライナーに小脇に抱えられたり、アニメ版ではコニーにお姫様だっこされて立体機動で運ばれたりする姿がどうしても似合ってしまうのですが、れっきとした男子です

体力は無いのですが、とびきり優秀な頭脳と抜群の勘の良さで、皆の窮地を何度も救い、絶大な信頼を得ていきます

脳筋集団の中にあって冷静にツッコミを入れられる貴重な知性派です

幼いころはいじめられっ子で、いつもエレンとミカサに助けられてばかりいたことがコンプレックスでした

外の世界への憧れを強く持ち、目をキラキラさせながら海について熱く語るその姿は、エレンにも影響を及ぼすことになります

キレイなだけではありません

時々見せるゲス顔が強烈です

主にエレンに対して「悪人ヅラ」などと、容赦ない毒を吐くことがあります

エレンによると「陰湿で姑息なことを考えるのは昔から得意だった」とか

女型の巨人にハッタリをかましては命拾いし、アニを言葉巧みに地下へ誘導して捕えようとし、ベルトルトにもハッタリをかましてエレンを奪還し、ピンチになればなるほど妙に冷静になったり、策士ぶりを発揮してとっさの弁が立つようです

頭だけでなく自ら体を張った活躍も多く見られます

ヒストリアの身代わりを務めるために女装して誘拐され、ヤバいおっさんにからまれたり、超大型巨人を倒す秘策を実行するため、文字通り全身黒焦げになって死にかけたり

審議所でリヴァイが躾と称してエレンを痛めつけていた際、逆上しそうになったミカサを羽交い絞めにして抑えていたことも見逃してはいけません

腕力は意外とあるのです、多分

実は腹筋も割れていることが判明してますし

 

 

感動を呼ぶ超大型巨人戦

アルミン・アルレルトは、エレン、ミカサの幼馴染として、作中で初めから登場しています

決して体格に恵まれていたり身体能力が高いというわけではありませんが、感がするどく、展開を読むことにも長けており、巨人の正体がアニということに誰よりも先に気づいたり、エレンが巨人化して殺されそうになった危機的な状況でも説得を行ったりとまさに進撃の巨人の中では、戦力以外でのキーマンとなっています

そんなアルミンが一番活躍したシーンが83話でベルトルトの超大型巨人と対峙する際でした

自分が犠牲になり、エレンに奇襲させる作戦を立てたのですが、作戦実行前アルミンは、自分は臆病者だからそこそこになったら逃げるということをエレンに伝えます

しかし、実際にはエレンが奇襲しやすいよう、アルベルトをから出る灼熱の蒸気にずっと耐え続けます

喉も焼かれ呼吸をすることですら厳しくなった状況下で耐え続ける姿を見て非常に感動しました

そのおかげでエレンの奇襲も成功し、超大型巨人を狩ることにも成功します

その後、アルベルトを捕食することによってアルミンは生き返り、超大型巨人の力を手に入れます

103話では初めてアルミンが超大型巨人になるシーンが描かれています

エレンたちが外の世界であるマーレを奇襲している際、援護に来た船を超大型巨人になって吹き飛ばすというシーンですが、人を殺めてしまうことに対して、若干の申し訳なさのあるアルミンが描かれています

どのキャラクターよりも、人間味に溢れているキャラクターだと思っています

 

 

エレン不在時にはほぼ主人公化するアルミン

ボケもツッコミも超の付くシリアス、果ては巨人化まで、ほとんどの要素が主人公ですね

納得の人気です

 

 

他のキャラはこちら

ライナー・ブラウン

リヴァイ・アッカーマン

ハンジ・ゾエ

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link