『進撃の巨人』19巻レビュー|ウォール・マリア奪還作戦!姿が見えない超大型巨人はどこに!?

スポンサーリンク

「進撃の巨人」19巻のレビューです

進撃の巨人 attack on titan19巻【電子書籍】[ 諫山創 ]


再びエレンVSライナー、鎧の巨人との対決が始まります

スポンサーリンク

これまでのあらすじ

ウォール・マリア奪還作戦が開始されました

姿が見えない巨人たちですが、アルミンの機転のおかげで壁の中に潜んでいたライナーを発見します

それと同時に獣の巨人と大多数の巨人も姿を現し人類軍と巨人軍がにらみ合う形になりました

19巻の展開

エルヴィンは馬を守るためにエレンを囮にすることにしました

ライナーは迷った末にエレンを追うことにしました

再びエレンVSライナーが始まりましたが、エレンの硬質化と調査兵団の新兵器によりライナーを追い詰めます

話し合えない/交渉できない

エレンの同期でかなり以前に死んだマルコ・ボットの死の真相が描かれました

それはエレンが大岩で壁の穴をふさごうとしていた時、ライナーとベルトルトの会話を彼が偶然聞いたからです

彼はライナーに捕らえられ、アニに立体機動装置を外されて巨人の前に置き去りにされ、そして食べられてしまいました

彼はまだ話し合いができていなかったことを嘆きながら死んでいきます

そしてこの戦いでライナーの無残な姿を見て交渉できる余地がなかったと嘆きます

情報が相手より不足し、巨人化できる人間を拘束する力がない、だから仕方なかったと

以前のケニーとウーリが友人になったエピソードもそうですが、情報と力を握っている相手が心を開かなければ交渉の余地などないのでしょう

力がない者が交渉をするならば、情報と力を得るか知恵を使い相手を何とかその気にさせるしかありません

それができなければ踏みにじられるのがこの世界の現実です

ベルトルトの覚悟

姿を見せたベルトルトですがなんと人間形態でもあのミカサを跳ねのけてしまう強さを見せます

戦士長の戦争を終わらせたい気持ち、狂って行くライナーの様子、そして世界が残酷であること・・・

それらを受け入れた彼はアルミンに再度アニの拷問のことを聞かされても取り乱すことはありません

壁中の人間たちは誰も悪くはないけど全員死ななくてはいけないとまで言います

一体何が彼をそこまでさせるのか

どこかで妥協し合うことはできないのか

壁の外の残酷な真実を予感させます

最後に

個人的に見て欲しいところは


四足歩行型の巨人


にらみ合うエルヴィンと鎧の巨人


コーヒーを飲む戦士長、ライナー、ベルトルト


調査兵団の新兵器「雷槍」


ベルトルトの登場の仕方


超大型巨人の登場


というところです

エレンの硬質化と調査兵団の新兵器により人類側は強くなりました

しかし、巨人側には四足歩行型の巨人がいるなどまだまだ未知の戦法を持っているかもしれません

そしてラストにはこの作品の象徴的存在である超大型巨人が現れました

人類側に勝ち目はあるのでしょうか

次回も必見です

←18巻に戻る   20巻へ進む→

コメント

タイトルとURLをコピーしました