『キャプテン』8巻のあらすじとみどころ|江田川との総力戦、決着す

スポンサーリンク

キャプテン8巻(集英社文庫)の表紙

キャプテン(8) (集英社文庫) [ ちばあきお ]

 

キャプテンイガラシがバットを振っている姿が描かれています

目次

激突 対江田川中の巻

全国大会へまっしぐらの巻

9回裏の大攻防の巻

あせるな墨二ナイン!!の巻

死力をふりしぼれ!!の巻

 

5話収録されています

 

スポンサーリンク

キャプテン第8巻のあらすじ

キャプテン8巻は2回表の墨谷2中の攻撃で、4番イガラシと井口の対決から始まります

イガラシは井口の速球や変化球についていくと、井口はイガラシを敬遠します

続く5番近藤の打席で、近藤はイガラシがスチールするサインを見落としてしまいます

なんとかスチールは成功しますが、イガラシは近藤に注意を与えます

すると近藤はサインのことで悩んでいる間に三振してしまいます

続く6番小室の打席ですが、ここでセカンドランナーイガラシがコースのサインを打者に送っていました

そして小室は三振しますが、イガラシは3塁への盗塁に成功しました

続く7番イガラシ慎二のバントで墨谷2中は1点を先制しました

そして試合は8回目まで1対0と墨谷2中の1点リードで来ます

9回表の墨谷2中は1番曽根が倒れた後に2番牧野が1塁後方へのフライを挙げると江田川野手の2人が衝突、さらに悪送球も絡んで牧野は2塁まで行きます

3番久保はライトフライになりますが、これでセカンドランナー牧野が3塁へ進みます

そしてここで迎える4番イガラシに対して井口は勝負に出てきます

イガラシはサード強襲のヒットを放って1点追加し、2塁まで行きました

続く5番近藤が三振して2対0で最終9回の裏を迎えます

江田川中学の攻撃は2番打者からです

この先頭打者にセカンドフライを打たせますが、セカンド慎二とライト近藤が激突して出塁を許します

続く3番打者にも近藤のまずい守備で無死2,3塁にしてしまいました

するとここでキャプテンイガラシは近藤にリリーフをさせます

当初イガラシは江田川打線は近藤のような速球に強いとみて自分が投げ切るつもりでしたが、ランナーが2人もいる場面で自分の軽い球をホームランされるのを恐れてて近藤にスイッチしたのでした

近藤に対して江田川の4番井口がライトへの犠牲フライでまず1点返されます

続く5番打者の場面で井口は細っこい代打藤木を送ってきます

この打者に対して完全にスクイズと読んでいたイガラシですが、この代打はバントの構えからヒッティングに出てセンターオーバーの3塁打を打たれて同点にされます

続く打者にも代打を送ってくる江田川中ですが、イガラシは相手の作戦が絞り切れないため中間守備を指示します

この代打石田はライトへの犠牲フライになりそうな打球を放ちますが、ライト松尾は打球をファールと見極めてボールを見送ります

この打者に対して敬遠を近藤に指示するイガラシですが、近藤はワインドアップで緩い球を投げてしまいます

この打者は四球になりますが、もしこの打者にスクイズのサインが出ていたら決められていたのでキャッチャー小室は近藤に対して大激怒しています

続く7番打者のところでも江田川中学の井口は代打を送ってきます

井口はこの打者が歩かされると読んで囮の打者安田を送ったのですが、それに気づいた墨谷2中は近藤に勝負させます

近藤はツーストライクと追い込みますが、ここでまた井口は代打を送ります

この打者山田はスリーバントをするための代打だったのですが、これに気づいたイガラシの指示でなんとかスクイズを阻止しました

イガラシはこの打者も敬遠しようとしますが、近藤は敬遠を嫌がります

するとイガラシは近藤に対して怒り狂う小室を抑えて自分が投手になって敬遠をします

そして1死満塁でまたもや代打遠井を迎え、近藤がマウンドに戻ってきました

この代打遠井の打ち方から得意なコースは低めと見たイガラシは近藤に対して徹底して高めを投げさせます

ここから高めを投げ続ける近藤と得意な低めを待つ遠井との根比べの勝負が始まります

遠井は近藤の高めの球をファールで逃げていきます

失投をしない近藤と空振りしない遠井の勝負ですが、疲れてきた遠井はサードゴロになりそうな打球を打ってしまいます

すると井口は遠井に対して高めの球に対して勝負をかけてヒッティングに出るように指示します

打球はセンター久保の前に落ちたのですが、タッチアップを考えていた3塁ランナーはホームでアウトになってしまうのでした

続く9番打者田村に対してはイガラシは飛距離も出ないから自分が投げると言いますが、続投を志願する近藤に任せることにします

近藤はイガラシから内角は避けるように指示されますが、自分の判断で内角を投げていい当たりをされます

打球はサードイガラシのファインプレーでアウトになってチェンジになるのでした

試合は延長戦に入りますが、9回裏の攻撃でレギュラーを続々と交代させてしまった江田川中学は7点を取られて、そのまま試合終了になるのでした

 

キャプテン第8巻のみどころ

このキャプテン8巻では野球という競技の駆け引きの面白さが存分に描かれていました

9回裏の江田川中学の攻撃でのスクイズをさせるための代打と思わせての代打藤木、犠牲フライを期待した代打石田、それから囮の代打安田を送ってツーストライクと追い込まれてからのスリーバントをさせるための代打山田、そしてとっておきの代打遠井という江田川中学の井口の作戦は見事でした

事実代打藤木は見事にイガラシの裏をかいていました

それにしてもこの試合を見てはじめて江田川中学はこと攻撃に関してはいい人材が揃っていると感心させられました

それに対する墨谷2中は、失投を待ってファールし続ける代打遠井に対して失投をしない近藤の投球も見事でした

それにしても江田川中学の井口は自分が力投して、これだけの策を練っているのに味方の守備に足を引っ張られてかわいそうでした

青葉学院のように部長といういわば監督のような存在が江田川中学にいれば違った試合結果になっていたかもしれないと思わされた名勝負でした

あとイガラシがやっていた投手の投げる球のコースを打者に教えるのは現代の高校野球などではサイン盗みとして問題になる行為ですが、時代背景もありこういったことも普通に行われている面白さも感じる8巻でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました