『HUNTER×HUNTER』8巻の名シーン3選|舞台は欲望の街ヨークシン!クラピカの仇、幻影旅団が暗躍開始!!

スポンサーリンク

「HUNTER×HUNTER」第8巻の目次です

 

No.064 帰郷

No.065 ジンについて

No.066 テープ

No.067 人体収集家の館①

No.068 人体収集家の館②

No.069 グリードアイランド

No.070 ヨークシンへ

No.071 オークション開催!!帰郷

No.072 9月1日①

No.073 9月1日②

くじら島に帰郷したゴンとキルア

そこにはジンの手がかりがありました

そして2人は伝説のゲームを、クラピカは仇を求めてヨークシンに集まります

8巻の名シーン、ベスト3!

3位…クラピカの念能力初登場

ゴンとキルアに先んじてクラピカの固有念能力が登場しました

その名前は「導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)」で銃弾をはじいたり集団に潜んだ敵を見つけ出します

名前に薬指と入っていることから各指の鎖にも独自の能力があるのでしょう

ハンター試験の時とはまったく違う、非常に強くなったクラピカが何とも嬉しいシーンでした

2位…ジンのゴンへのメッセージが入ったテープ

ミトがジンにゴンがハンターになった時に渡してくれと言われていた箱の中にはカセットテープ、指輪、ロムの3つが入っていました

そのテープにはジンからのメッセージが入っており、いきなりゴンに会いたくないと言い出してゴンを驚かせます

そしてジンがジンであることは変わりないから探してみろと言いゴンの心を燃え上がらせました

さらに聞き終えたテープは念で巻き戻し録音して内容を消してしまいます

ゴンとキルアに彼が曲者であることをまざまざと理解させたのですが、母親の話になると迷いなくテープを止めるゴンもやはり非凡な感性をしていると思わせるシーンでした

スポンサーリンク

1位…俺の両手は機関銃

マフィアの幹部以上の面子が集まるオークション会場、そこは問題を起こせばただじゃ済まないため世界一安全な場所

・・・のはずでしたが、幻影旅団にはそんなことは関係ありません

幻影旅団の1人フランクリンの「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」で名だたるマフィアたちを皆殺しにしてしまいます

フランクリンの手の指先が外れてそこから念弾が出るのですが、クラピカの仲間のシャッチモーノの「縁の下の11人(イレブンブラックチルドレン)」を楽々貫通する強さにもしびれました

クラピカの仇、悪名高い幻影旅団はメンバー一人ひとりも滅茶苦茶強いことが分かるシーンです

はたしてクラピカは彼らを倒せるのでしょうか・・・?

まとめ

今回は名シーンが多くて悩みました

ゴンの森の友達のおかえり

ゴンとキルアが夜空の下でやりたいことを話すところ

ミトが話すジンの逸話

グリードアイランドについて

レオリオとの再会

幻影旅団集合

などなど取り上げたいところはたくさんあったのですが、完全に自分の好みで決めました

やっぱり念能力のシーンが私は好きです

コメント

タイトルとURLをコピーしました