『進撃の巨人』21巻レビュー|命の選択、そして壁の外の世界

スポンサーリンク

「進撃の巨人」21巻のレビューです

進撃の巨人 attack on titan21巻【電子書籍】[ 諫山創 ]


調査兵団による初めての巨人の力の継承が行われました

スポンサーリンク

これまでのあらすじ

エルヴィンは新兵を率い獣の巨人に特攻して囮になり、リヴァイに不意打ちをさせます

獣の巨人を追い詰めることはできましたが結局は逃げられました

超大型巨人はアルミンとエレンにより倒されベルトルトを捕獲できましたが代わりにアルミンが倒れます

そして鎧の巨人はミカサの雷槍により倒れ、ライナーも捕獲されました

21巻の展開

巨人化し巨人化能力を持つ人を食べると巨人化能力を継承するとともに瀕死でも回復することができます

リヴァイはエルヴィンから託されたその薬をルヴィンとアルミン、どちらに使うか選ばなくてはいけなくなりました

そしてエレンの家の地下に行き壁の外の世界のことを知ります

生かすべきはどちらか

獣の巨人を倒すために犠牲になったエルヴィン

超大型巨人を倒すために犠牲になったアルミン

リヴァイはどちらに巨人化の薬を使うか悩みます

どちらも調査兵団に欠かせない人材ですが、やはり実績のあるエルヴィンにすべきとの声が強いです

エレンとミカサはアルミンの幼馴染なので当然アルミンを生かして欲しいと望みます

しかしそれだけではなく、エレンはアルミンの今までの貢献を話します

トロスト区を岩で塞ぐこと

女型の巨人の正体の発見

夜間に進行するというアイディア

潜んでいたライナーを暴き出したこと

超大型巨人を倒す作戦の発案

これらを挙げてアルミンこそが人類を救うとまでエレンは言いました

それに対しエルヴィンを連れてきた新兵のフロックは、新兵たちを死に導いたエルヴィンにはさらに地獄が必要だと言います

巨人を滅ぼすのは悪魔、だからこそエルヴィンを助けるべきだというのが主張です

そしてリヴァイは決断するのでした

決め手はやはり壁の外に行けたら何をしたいかがあるかだと思います

今までリヴァイはエルヴィンとアルミンの夢を耳にしていました

より大きな夢があるものこそが生かすにふさわしいということでしょう

壁の外の世界

ついに壁の外の世界が明かされました

そこは飛行船が飛び写真が存在する、壁の内側とははるかに技術レベルが違う世界です

巨人化できる者たちはエルディア人と呼ばれ、マーレ人に支配され悪魔の末裔だと罵られて収容区で暮らしています

エルディア人は1820年前に大地の悪魔と契約し巨人化できるようになったユミル・フリッツの子孫です

彼女の死後、巨人の力は9つに分かれ古代の大国マーレを滅ぼし大陸の支配者になります

9つの巨人の持ち主は互いに争いましたが100年前に巨人大戦が起こり、負けた始祖の巨人の力を持つフリッツ・レイス王がパラディ島に国民とともに逃げ込み、三重の壁を作りました

残されたエルディア人はマーレ人に支配され、収容区から出るには手続きが必要です

その統治に不満を持つ者はエルディア復権派という反体制地下組織を作るのでした

人類の最後の砦だと思われていた壁の世界はパラディ島という単なる一地方でしかなかったのです

しかし技術は進み巨人の力も絶対ではありません

パラディ島には莫大な化石燃料があるとされ大国マーレはそれを狙っています

この広大な世界を前にエレンたち壁の中の人類はどうするのでしょうか

まだまだ戦いは続きます

最後に

他に見て欲しいところは


エレンと戦士長の出会い


エルヴィンのために許しを乞うリヴァイ


エレンとミカサの帰宅


写真と出会ったエレンたち


最初の巨人の図


絶望の表情を浮かべるイェーガー夫妻


というところです

どちらを生かすか選択を迫られるという過酷な描写でした

それを選ぶリヴァイの思いというのは詳しく書かれていませんでしたが、きっと壁の外の世界に大きな夢を描いていた方を選んだのではないでしょうか

そして外の世界が描かれましたが、壁の中の世界に負けず劣らず悲惨な世界でした

それを知った壁の中の人類は何を考え選択していくのかが楽しみです

←20巻に戻る   22巻へ進む→

コメント

タイトルとURLをコピーしました